• 化粧品サンプルの使い方

    化粧品のサンプルを使用する場合には通常の商品を使用する時よりも注意が必要になります。

    今までに使用したことのないブランドの商品やアイテムを使う場合には肌に合わないこともあるため、肌の状態や体調が良い時に自宅で試すようにします。



    持ち運びに便利だからといって旅行時などに使用すると肌に合わないなど異常が起こった場合に対処が大変になるので、使ったことがないものを外出先で使用するのは危険です。
    使用後は1日程度容器を取っておくと合わなかった場合に皮膚科などへの説明が簡単になります。

    美容液などは一度に新しい化粧品をいくつも試してしまうとどれが良かったのか、合わなかったのかがわかりにくくなるのでサンプルは1つずつ使用するようにします。

    厳選したNAVERまとめの情報がわかりやすく紹介されています。

    いくつも同じような効果をもつアイテムを同時に使ってしまうことで、効果がわかりにくいだけではなく肌に負担がかかり悪影響を与える恐れもあります。

    化粧品のプレゼントの情報探しはこのサイトから初めてください。

    肌が弱い人の場合には顔に使用する前に腕の内側など皮膚が弱い場所に少量塗布してパッチテストも行うようにします。


    化粧品サンプルは通常のものとは容器が異なるためきちんと保管していても品質の劣化が早いこともあるので、入手したら保管せずにできるだけ早く使用するようにします。
    サンプルがパウチの場合は1回分と記載されていても入っている量が規定の使用量よりも多いことがあるため、1度にどのくらい使うのかをしっかりとチェックしてから使うことが化粧品の本来の効果を見極めるためには大切です。